第一回キャンプごっこ 河原でスモア

焚き火コンロでスモアとか作ってみたいと妻が言い出したのがきっかけで群馬の河原へ行くことになった。go toトラベルで安く宿をとり、焚き火コンロや燃料、バーナーを用意した。

準備に大分時間がかかり11時頃に出発。外環に乗りしばらく走ると事故渋滞にはまり30分ほどロスした。
関越に入り最初のパーキングでコーヒーを買い、ガソリンを満タンに。
沼田インターで高速を降りて老神方面へ。
コンビニで2lの水を2本買った。

川遊び場というところに行ってみると有料のキャンプ場のようなので、近くの橋の近くから河原に降りようとしたけど段差があって降りられない。
日も傾いてきたので、上の河川敷で始めることした。

焚き火コンロを組み立て、ダイソーで買った豆炭に火を付ける。

とにかく肉を焼いて焼肉のタレで食べた。

アスパラ巻きやフランスパンのバター乗せを作った。

豆炭の上に普通の炭を置いていたけど、なかなか火がつかないので頑張ってあおった。

前日買ったスノーピークのバーナーでお湯を沸かし、紅葉をいれて飲んだ。

イスがないのでしゃがんで作業したので疲れた。
小さな折り畳みのイスがあると良さそうだ。

日が暮れてきたので急いで撤収。
コンビニで夜食を買い込んでホテルにチェックインした。


翌日起きるとホテルのバイキングを食べ朝風呂に入った。
露天風呂から見える紅葉の岩山が綺麗だった。

昨日時間がなくて作れなかったスモアなどを作ることにする。
小さな河原に降りて、道具をセットした。

リング状の整形炭を使って串に刺したマシュマロを焼き、チョコを乗せたクラッカーにはさむ。温かいうちに食べると美味しかった。

スモア
スモア

続いてソーセージを焼いたけど火力が弱くなりなかなか焼けず温まったくらいで食べた。

これでは焼そばが作れないので、枝を拾ってきて、小さく折ってくべると一気に燃えて、それで何とか焼そばが焼けた。


最後は残りの炭で弱火でフランスパンをじっくり焼いてバターを乗せて食べた。
カリッとして美味しかった。

帰りは節約で下道を通った。
途中紅葉が綺麗だった。

夕食は蕎麦を食べた。
夜10時くらいに家に着いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です