ヒゴスミレを撮る為陣馬山の先、醍醐丸へ

ヒゴスミレは図鑑アプリに是非載せたいスミレで、3年前に鷹ノ巣山に撮りに行ったが、時期を外して撮影できなかった因縁がある。

先日カメラを持たずに生藤山へ行った時に醍醐丸でそのヒゴスミレを見つけたので、ちゃんと撮影するため一眼レフを持って出かけた。

出発が大分遅くなり9時半になってしまったので地下鉄ではなく武蔵野線と中央線を使う。

藤野駅に12時前に到着し、栃尾根の登山口へと歩き出す。

トンネルをくぐり、川沿いの広い車道を進む。

川の水がきれいだ。

右に入るとけっこう坂がきつくなり既に登山の様相。

道路横の壁面にジュウニヒトエが咲いていたがそのうち、似てるけどちょっと違う感じの花があった。

ツクバキンモンソウ?
(追記:ジュウニヒトエとキランソウの雑種ジュウニキランソウかな。)

タツナミソウの仲間もある。

コバノタツナミに似た感じだ。

舗装道路をかなり上まで登る。

コンクリートで固められた急坂の私道を抜けて、1時過ぎにようやく土の登山道に入った。

登山道はしばらく緩やかで歩きやすい。

イカリソウやチゴユリ、ヒトリシズカなどが咲いている。

イカリソウ
イカリソウ

最後は普通の登山道並に急になると陣馬山山頂に到着した。

山頂の草地には2種類くらいスミレが咲いていた。

ノジスミレとコスミレだろうか?

ここで何か食べたい衝動を抑えて麦茶を一口飲んで出発。

2時過ぎくらいだった。

3日前にも通った木の階段を下り醍醐丸に向かって歩くが、思ったより遠くてなかなか近づかないので痺れを切らして走り出した。

まき道を通って醍醐丸を超えて戻りながらヒゴスミレを探すことにする。

反対から醍醐丸に登りヒゴスミレを探すが葉はぽつぽつあるが花は全く見当たらない。

3日前はこの辺りにもいくらか咲いていたはずなのだか。

昨日の雨で花が終わってしまったのか?

仕方なく醍醐丸山頂を越え反対側を探す。

なかなか見つからずまたしても撮影できないんじゃないかと思い始めた頃、白い花が何個か目に入った。

ヒゴスミレが3〜4株ほど咲いていた。

撮影するのにちょうど良さそうな株を選び写真を撮るが光が弱いのか逆光のせいなのか

なかなか上手く撮れない。

ヒゴスミレ
ヒゴスミレ

何枚撮っても納得いかないのでとりあえず近くのベンチで昼のおにぎりを食べて休憩。

気を取り直してもう一度撮ると今度は少しはましに撮れた気がしたのでとりあえずよしとした。

ヒゴスミレ
ヒゴスミレ

他にもないか探しながら戻る途中小さいけど絵になりそうなヒゴスミレを見つけた。

ヒゴスミレ
ヒゴスミレ

アイコンの画像に良さそうだ。

花を4つも付けた大きな株もあったけど雨に打たれたせいか花が垂れ下がり撮影には向かなそうだった。

そのまま陣馬山方面に戻る。

5時前くらいに2度目の陣馬山到着。

麦茶で一服してすぐに景信山へ向けて歩き出す。

緩い下り坂になるとハイテンションで走った。日が暮れそうなのでまき道があれば使った。

6時に景信山に到着。

高尾山経由で高尾山口まで行くつもりだったけど小仏のバス停方面に下山することにした。

疲労で頭が空っぽになり、下りを寝ぼけたような感じで何も考えず降り続けて6時半くらいの薄暗くなったころ道路まで下山した。

少し行ったところで自販機のカルピスウォーターを買って飲み、高尾駅まで快調に走り続けた。

何故かほとんど疲れを感じなかった。

高尾駅から京王線に乗って帰った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です