初めての武甲山でサンダル登山

しばらく山を歩いてなくて大分体がなまった気がするので武甲山に行くことにした。石灰の採掘で無くなる前に行かなくてはと前から思っていたのだ。
「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」を見たせいもあるかも知れない。

朝9時前に家を出て12時に横瀬駅に着く予定だったけど東西線で車内点検とかで遅れが発生したせいで到着が30分ほど遅れた。

猛暑の中駅から歩き出すと雷のような音がした。
採掘場の発破のようだ。

武甲山
武甲山

横瀬川という川を渡る。


駅から少し大回りしてコンビニに寄りおにぎりとクッキー、ポカリを買った。

川沿いの道に入ると石灰工場の施設が立ち並び大きな音を出して稼働している。
ダンプも多くてとにかく騒々しい。


この前丹沢に行った時もダンプがすごかったので、なんだかダンプ付いてるなと思いながら歩いていたけど、だんだん我慢出来なくなりダッシュして通過した。

石灰工場を過ぎると道も細くなり急に静かになる。

フジウツギのような花が多い。

2時20分にようやく登山口に到着。

すでに暑さで疲れ気味だった。

登山道は初めコンクリで固めたような直線が続き、けっこう疲れる。

やがて普通の土の道になり傾斜もほどほどで、植林の中を気持ちよく歩く。

トレランのシューズを履いていたけど、山頂まであと60分と書いてあるベンチで買ったばかりのサンダルXero shoesジェネシスに履き替えた。

XERO Shoes ジェネシス

足がむき出しだしソールがペラペラなので足の運びはかなり慎重になるが、地面の凸凹が足つぼを刺激してくれるようで気持ちいい。
ただ右足の小指がサンダルからはみ出しがちで、一度小指を岩にぶつけてかなり痛かった。

足の運びに気をつけて登っているうちに意外とあっさり山頂付近に到着した。

神社の門は閉まっていた。

鐘があり木槌が置いてあったので叩いてみた。

採掘場の柵に出た。

山頂に到着。


反対側の斜面は削られてなくなっているので見晴らしは最高にいい。


城砦のようなものがありなんだろうと思ったら来る時に見た石灰工場のようだ。
コンビニで買ったおにぎりを食べた。残り物で仕方なく買ったワサビと高菜のおにぎりが思いのほか美味しかった。

トレランシューズに戻して浦山口駅方面に下山。
山頂周辺にはバイケイソウが沢山ある。
(追記:花が緑だったのでミヤマバイケイソウのようです。)

バイケイソウ
バイケイソウ

花も付いているので一眼レフで撮ろうか迷ったけど、大分枯れ枯れだったので結局撮らなかった。
正直疲れていてカメラを出すのがめんどくさかったのもある。

イケマの花が咲いていた。

イケマ
イケマ

降りるにつれてだんだん暑くなり疲労感も強くなってくる。
飲み物も飲み干した。

長いつづら折りの坂を下り沢に出た。

水が凄くきれいだ。
ちょうどよくサンダルがあるので履いて水に入り顔や手足を洗った。
冷たい水が気持ちいい。

駅までの道は長かった。
途中の自販機で炭酸飲料を買って飲んだ。

駅に着くと電車は出たばかりで1時間近く待たされた。

脱水による疲労感がなかなか抜けず帰り道も何本も飲み物を飲みようやく大体治まった。

西船橋で駅を出て松屋の牛丼を買って食べて帰った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です