初レース(TOKYO八峰マウンテントレイル)

トレランを初めてからコロナ騒ぎとかでなかなか大会には出られなかったけどようやくレースにエントリーし出場することになった。
TOKYO八峰マウンテントレイルという大会で上級、中級者向けで30キロとちょっと長いけどレジェンド鏑木さんも走るしよく行っている高尾の辺りでの開催ということで出場を決めた。


当日朝5時前に起きて前日揃えておいた荷物を持ってすぐに出発。
武蔵野線と中央線を乗り継いで7時過ぎに高尾駅に到着。

駅の近くのバス停で並んで会場行きのバスに乗る。
トライアスロンをやっているらしい元気な女性グループやトレランのベテランっぽい人やそんなでもない感じの人などいろいろいる。

会場の夕やけ子やけふれあいの里に着くと検温して荷物を預けてトイレに行きストレッチをしてスタート地点へ。

近くで鏑木さんとの記念撮影で並んでいる人もいた。

100人づつくらいのウェーブスタートで出発。
自分は制限時間に引っかからないように早めに並んだので3回目くらいでスタートした。

寒さのせいか寝不足のせいか4日前のトレーニングの疲れが残っているのか足が固まって全然動かない。
最初のロードの坂の緩い区間ではひたすら追い抜かれた。

ロードの後半の急登で歩いてる人を走っていくらか抜かしたけど醍醐峠の辺りでは足は既に限界だった。
このロードの急登で鏑木さんに抜かれた。

和田峠に到着。心配していた制限時間は全然問題なかった。
念のためトイレに行ったけど大分抜かれた気がするので行かなくてよかったかも。

トレイルに入ると少しずつ調子が出てきてしばらく順調に走った。

明王峠を通過し次は景信山だなと思って走っていたけど小仏峠辺りの見慣れた場所に来たのでいつの間にか巻き道で通過したらしかった。

11時過ぎに小仏城山に着いた。
ここではペットボトルのコーラを配っていた。300mlくらいだけど全部飲み干すとお腹がパンパンになってしばらくは走ると苦しかった。

大垂水峠を過ぎると登り坂が続くのでけっこう足がきつくなってくる。
ベンチに座って靴を脱いで足をマッサージした。ジェルも1つ食べておく。

大洞山に到着。

その後はしばらく緩やかな道が続く。
何人か集団ができて大体その集団のペースに合わせて走ることになる。
前を走る女性のペースがやや遅いかなと思っても追い抜く程の元気もなくしばらく後ろを走ったり、上り坂で遅すぎる集団を一気に抜いてみたり、時々後ろの人が抜きますと声をかけて抜いてくる。

一度足がつりそうになったけどなんとか持ちこたえた。

そんなことをしているうちに三沢峠の標識の矢印が後ろになっていたのでもうすぐ第二関門だと思った。
すぐに第二関門を通過。制限時間より予想外に早く通過した。

この辺りから足が本当にキツくなった。上り坂を登るのが本当にきつい。

草戸山や草戸峠を通過。

何ヶ所かあるピークの登りで疲れすぎてちょっと気持ち悪くなった。
あまりそういう経験がないのでやばいと思い少し休んでジェルやカルパスを食べ飲み物を飲んだ。

山の下からゴール地点のアナウンスが聞こえて来る。

最後の下りは滑りそうだったので慎重に下り線路沿いの道を走るがここでまた足が半分つった。
ちょっと歩いてゴールの落合公園の横まできて最後はなんとか走ってゴールした。
係の人に促されるままタグを取って貰い、参加賞と預けていた荷物を受け取った。
3時半が制限時間だったけど2時前だった。
調子は決して良くなかったけど思ったより早く着いた。

鏑木さんがトレーニングの方法とかを話している声が聞こえたけどどこににいるのかわからなかった。

しばらく公園で売店を見たりゴールする人を見たりしてから高尾山口駅の方へゆっくり歩いて高尾温泉に入った。
混んでいたけど体を洗いゆっくり湯船に浸かって疲れを癒した。

疲れきっていたので空いている各駅停車で座ったまま本八幡駅まで行き日高屋でラーメンを食べて帰った。

後日大会結果を見ると完走者719人中567位、タイムは5時間11分01秒だった。

大会なのであまり動画は撮れなかったけど今回も動画をアップした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です