雪の塔ノ岳ピストン、初めてチェーンスパイクとゲイターを使った。


先日仕事が2連休でどこか山に行こうと思っていた日に大雪が降り山に行けなくなったので、今後、多少の雪には対応できるようにチェーンスパイクとゲイター、中厚のソックスを購入した。
この雪山装備を使うため、久しぶりに塔ノ岳に行ってみることにした。

9時に家を出て東西線、千代田線、小田急線を乗り継いで正午に渋沢駅に到着。スーパーでおにぎりとお菓子を買い、大倉に向かって歩く。

予想外に暖かくウインドブレーカーの中のフリースを脱いだ。

時々走ったりして大倉に着いたのは1時過ぎ。

登山道に入るが全く雪がなく、もしかしたら上の方も雪がなくなったんじゃないかと不安になる。

トレランを初めて間もない頃この道を無理して駆け上り、あっという間に足が死んだことを思い出した。

下山する人が多くけっこう頻繁にすれ違う。

長い階段をひたすら登る。

途中平らなところで少し走った。

3時過ぎに花立山荘についた。
ここでゲイターとチェーンスパイクを装着してすぐに出発。

最初土の部分が多くチェーンスパイク要らないかと思ったが、雪が少しずつ多くなりチェーンスパイクが役に立つようになった。
やや踏み固められた雪の上をザクザクと歩くのは気持ちいい。  

後ろからクマ鈴の音が近づいてきてこの日初めて人に抜かれた。
トレランかファストハイキングの男性でトレッキングポールを使い高速で坂を登って行った。
アルティメイトダィレクションの自分の持っているのと全く同じザックを背負っていた。
自分はすでに限界で一歩一歩歩くのが精一杯だったので、よくあんなに早く動けるなあと感心してしまった。

もっとレベルアップしないと。

塔ノ岳山頂に到着。寒風の中でおにぎりを食べた。
富士山が綺麗に見えた。
今までに何回か来たが富士山には気づかなかったな。

ちょうど4時に下山開始。
滑る心配はほとんどないので雪の上を軽快に歩きすぐに花立山荘に着いた。
ここでチェーンスパイクを外す。
大きなザックを持った2人連れの男女がいて、やはりチェーンスパイクを外していた。

山小屋の人かわからないが「お疲れ様です」と声をかけて下山していった。

少し行くとさっき声をかけてくれた人が足を片方引きずった人に付き添って歩いていた。

自分はスルーしてどんどん下りる。
こういう時何か手伝うべきなんだろうか。

お茶を飲んで立ち止まったりする度にさっきの大きな荷物の二人連れに抜かれた。
けっこうペースが早いなと思った。
女性のほうが大きな声で話していたのでわっかたのだが、どこか先の方まで行こうとして雪で断念して戻ってきたらしい。

ぎりぎりヘッドランプを使わずに舗装道路に出た。

かなり疲れていて最初の自販機で500mlのペプシを飲み干した。

走って渋沢駅まで行き駅前のラーメン屋でラーメンを食べたけどまだ疲れがとれなかった。

今回のルート図

動画もアップした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です