泉自然公園のナンバンギセルとキツリフネ

泉自然公園のブログの過去の開花情報にナンバンギセルとキツリフネが載っていたので、行ってみることにした。
二つとも撮りたい種で探していたけど、泉自然公園にあるというのは「灯台下暗し」だった。

誉田駅からけっこうな距離を歩く。
途中よくわからない外来種らしき植物や、トチノキの実なんかを撮影。
トチノキ
トチノキ
到着すると早速、駐車場の近くにあるというナンバンギセルを探す。


ススキの大きな株があったので行って根元を探すとすぐに発見できた。
2~3株くらいあるけど花はひとつづつしか咲いてなくてちょっとものたりないけど、とりあえず何枚か撮影。
ナンバンギセル
ナンバンギセル
次にキツリフネを探しに池の方に降りると途中ヤマホトトギスが咲いていた。
ヤマホトトギス
ヤマホトトギス
キツリフネを探して池の周りをぐるぐる回るも意外と見つからない。
オトギリソウが咲いていたので撮っておく。
オトギリソウ
オトギリソウ
ようやく橋の下あたりで数十株ほどの群落を見つけるも花はまだまだと言う感じ。

あきらめてなにか別の種でもないかと園内を歩いた。
そろそろ帰ろうかと思いつつ最後にちょっと足を延ばした林の中にキツリフネの大群落があり花がひとつだけ咲いていた。
そのひとつの花を何枚も撮影した。
キツリフネ
キツリフネ
帰り際にもう一度ナンバンギセルを探し新たな株を見つけて写真を撮った。
入り口の並木のトチノキも撮っておいた。
トチノキ
トチノキ

キツリフネとナンバンギセルの画像はandroidアプリ「シンプル植物リスト~身近な野草~」
iphoneアプリ「シンプル野草リスト」などに掲載予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です