千葉市の谷津田でカザグルマをさがす

カザグルマというのは、クレマチスの原種で日本に自生する大きな花だ。千葉県でも何カ所か自生地があり、私の住む船橋市の花にもなっている。

この花の時期がそろそろ終わりらしいので今日、あわてて撮影に出かけた。
船橋の自生地は住宅や学校に囲まれ撮影しにくそうなので、千葉市の自生地に行くことにした。

ネット上の情報から、Google Mapの航空写真でおそらくここだろうという谷津にあたりを付けた。モノレールの終点、千城台駅から1時間くらい歩いて、ようやく目的地の近くに到着。谷津田に入りしばらく歩いたところでどうも様子が違うのでスマホのGPSで位置を確認すると正反対に来ていた。戻って今度はちゃんと確認してめざす谷津に入り、カザグルマを探して歩く。
谷津田


ノアザミやキツネアザミ、クサノオウが咲いている。

ガマズミやウツギの白い花が咲いていて、特にガマズミの花序は遠目に見るとカザグルマの大きな花のようにも見えるのでまぎらわしい。
ウツギ
ウツギ

しばらく歩いて、こんな所でとぼとぼ歩いて探してもカザグルマなんて見つからないんじゃないかと思いはじめた頃、谷津の反対側の白い大きな花が目にとまった。

遠景
輪郭がくっきりしてしていて、ガマズミの花序ではなさそうだ。
近づいていくにつれだんだんと期待が高まり、やがて確信した。
斜面にカザグルマの花が20個ほどもまとまって咲いている。
手前に水路があるので、橋を渡り回り込み写真を撮った。
カザグルマ
カザグルマ

カザグルマの花

カザグルマの花アップ

50mほどの斜面に他にも2、3カ所カザグルマがあった。

一応もう少し谷津の奥まで探してみたけど見つからないので戻ることにした。
戻る途中、白い花が遠くに見えたので念のため近づいて確認してみると、それはガマズミだったけどその近くであまり目立たない感じで2株ほどカザグルマが咲いていた。

どうやらこの谷津にはけっこう広い範囲にカザグルマが点在しているようだ。
水路にはクサヨシやエビモのような水草も生えていた。
クサヨシ
クサヨシ
水草
水草
ホタルブクロも咲いていた。
ホタルブクロ

メキシコマンネングサも撮った。
メキシコマンネングサ

今日はかなりの距離を歩いて疲れたけど自生のカザグルマを見つけることができて、苦労の甲斐があった。

千葉市内にカザグルマのような貴重種の生育地が残されていることは、嬉しいことだが、いつまでもつのか心配でもある。
アズマネザサがけっこう勢力を広げているようだし、いつのまにか開発されて、なくなってしまうなんてこともよくあることだ…

2 Replies to “千葉市の谷津田でカザグルマをさがす”

  1. 自生地の地元のゆうです、お疲れさまでした、と浮くまで来て見つけられてよかったですね,千城台から小間子バスが 出ていて近くで降りれたけどね。
    ここは開発等の予定はなく安心ですが、でも種蒔したり挿し木してたくさん増やし手地元の学校や公民館や公園に植えています、

    今年も記事書きますね、 

    1. バスが出ていたんですね。知らずに歩いて行きましたが、多少の距離は健康のため歩いたり、走ったりしています。
      カザグルマを見つけた時は感動ものでした。
      カザグルマが近場で撮影できたのも、地元の方の保護活動のおかげです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です