日影沢、城山でタカオスミレ、センボンヤリ、アケボノスミレ

去年の秋に閉鎖花を見た小仏城山のセンボンヤリの花がそろそろ咲いたと思い、撮り
に行くことにした。
タカオスミレなんかもあるかもしれない。
10時前に家を出て、ほぼ正午に高雄駅に到着。
まずは小仏川遊歩道へ。遊歩道沿いにはニリンソウ、タチツボスミレ、ジロボウエンゴサクが咲き乱れてい
る。

ジロボウエンゴサク

ニョイスミレもある。

しばらく歩いたところでタカオスミレを2株ほどみつけた。

イチリンソウもある。

ミミガタテンナンショウも

日影沢に入るとすぐにタカオスミレ見つけた。

トウゴクサバノオ、フタバアオイもある。

トウゴクサバノオ

フタバアオイ

反対から下山者がぞろぞろと歩いてくる。
トウゴクサバノオを撮っているとなんの花ですかと尋ねられた。
フタバアオイを撮っている時もの年配のグループのひとりの男性に何を撮っているの
か聞かれ、フタバアオイを教えたところ、何度も高尾山に来ているけれど、この花に
は気がつかなかったと言って喜んでくれた。
その後日影沢林道沿いにはタカオスミレがいくらでもあった。

マルバスミレらしき白いスミレもある。

コスミレも

タチツボのようだが色が濃く距が長い

(追記:アカネスミレのようですね。後から思いつきました。)

城山の山頂に近づき一番の目的であるセンボンヤリの花を探すが目につかない。
林道の端の方にようやく一株みつけたがまだ蕾で咲いていない。

秋には斜面にあるセンボンヤリの綿毛が遠くからでもよく見えたのだけど今は見つけ
るのは至難の業に思えた。
お昼を食べて出直そうと思い、城山の山頂でおにぎりを食べもう一度センボンヤリを
探す。
今度は道路の端に何株か見つけたけどやはり蕾だけだ。
来るのが1週間ばかり早すぎたようだけど、日当たりの良い尾根なら咲いてるかもし
れないと思って、斜面に降りて探して見たけどセンボンヤリは見つからず、替わりに

ジュウニヒトエが見つかった。

残念だけどあきらめて帰るしかないようだ。
再び城山山頂に登り、東海自然歩道を通って相模湖方面に抜けようと道案内の標識を
見たときにその標識の杭の周りに、小さなキク科の白い花を見つけた。センボンヤリ
の花だった。

東海自然歩道を少し行くと登山道脇の斜面にピンクがかったスミレが一輪咲いてい
た。
葉の展開が遅く開ききっていない。
アケボノスミレだ。

弁天橋を渡る頃には日が暮れて相模湖は不気味に見えた。
前回の日立同様、今回も最後にやや奇跡的に目的の花を撮影することができたので神
様が手助けしてくれたような気がした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です