マツムシソウ、アサマフウロ咲き乱れる飯盛山へ

青春18きっぷを使って遠出してみようというコンセプトで検討し決めたのが清里の近くにある飯盛山(めしもりやま)という山。
マツムシソウがあるというのが決め手になった。
朝5時の始発に乗って武蔵野線、中央本線を乗り継いで小淵沢へ。ここから八ヶ岳高原鉄道で3駅ほどで清里に到着。
お腹がすいたので町をうろうろ歩きおやき(煎餅)屋でおやきを2枚買って食べた。お昼用にパン屋でパンも買って出発。

15分ほどで登山道に到着。山に入ると早速、アキチョウジの仲間や、巨大なオタカラコウなど、普段あまり見ない植物が次々に出てくる。
オタカラコウ
オタカラコウ

“マツムシソウ、アサマフウロ咲き乱れる飯盛山へ” の続きを読む

泉自然公園のナンバンギセルとキツリフネ

泉自然公園のブログの過去の開花情報にナンバンギセルとキツリフネが載っていたので、行ってみることにした。
二つとも撮りたい種で探していたけど、泉自然公園にあるというのは「灯台下暗し」だった。

誉田駅からけっこうな距離を歩く。
途中よくわからない外来種らしき植物や、トチノキの実なんかを撮影。
トチノキ
トチノキ
到着すると早速、駐車場の近くにあるというナンバンギセルを探す。

“泉自然公園のナンバンギセルとキツリフネ” の続きを読む